ウォーターサーバーが災害時に役立つのはなぜ?

水道が止まった時の救世主

大きな地震など災害が発生した場合は水道が止まってしまう可能性が高いです。止まらなくても、水が濁っているなど通常通り使えるかどうか分かりません。もし水を使えないと水分補給ができませんし、生き延びる為には食事よりも水分補給が大切です。都合良く自分達の所に救助隊が駆けつけてくれるか分からないので、生き延びる為には普段からの準備が大切です。そんな時にウォーターサーバーがあれば、そこから水を摂取することができます。停電状態であれば常温の水しか飲めませんが、水分補給できるか否かという違いは大きいです。更に、ウォーターサーバーのタンクは非常に大きいので、何日も水には困りません。ご近所さんの窮地を救うこともできます。

あらゆる場面で使える

災害によって水道が止まった時は、まず飲む為の水を確保する必要があります。ただ、どうしても排便をしたくなる時もあります。排便をすると言っても水道が使えなければトイレも機能していませんし、場合によっては外で済まさないといけません。そんな時に少しでも水が使えると衛生面を保てます。歯磨きに関しても、最後に口を濯ぐ時にどうしても水が必要です。ウォーターサーバーの水で体を洗うのはさすがに現実的ではありませんが、どうしても痒み等が気になれば洗うのも一つの手段です。このように、飲むだけでなくあらゆる場面で水が活躍します。普段何気なく水を使っているとその有難みを実感しにくいですが、何があっても良いように水のタンクを多めに常備しておくと安心です。