ウォーターサーバーの水で料理を作るとどうなる?

料理を存分に堪能できる

水道水を使った料理とウォーターサーバーの水を使った料理だと、後者の方がより清々しい気持ちになれます。水道水は悪者という訳ではありませんし、安全ではありますが塩素消毒されている事実は変えられません。塩素は人体にとって有毒ですし、トリハロメタンという発がん物質も懸念材料です。これらが含まれている以上、どうしても気になってしまうのも無理はありません。ただ、ウォーターサーバーの水は塩素消毒されていないので、心置きなく使うことができます。自分自身はもちろん、高齢者や赤ちゃんも安心して飲める水です。普段料理する時の水だけでなく、コーヒーや紅茶を淹れる時に使ったりそのままの状態で飲むなどバリエーションも豊かです。

味が安定したり美味しくなる

水道水には塩素が含まれているので、少しプールで嗅いだことのあるようなにおいがするはずです。もちろんプール並みに残留塩素濃度が濃いことはありませんが、塩素臭が味の邪魔をする可能性があります。激しく邪魔をする訳でもないですが、それでも水道水とウォーターサーバーの水では料理の味に違いが生じます。また、水道水は日によって硬度が高かったり低かったりします。大幅に硬度が変わることはありませんが、微妙に味を狂わせる可能性を否定できません。その点ウォーターサーバーの水は同じタンク内の水であれば日によって硬度が変わることがないので、味が安定します。料理に使い過ぎると水の減りはそれだけ早くなりますが、それ以外にデメリットはないと言っても過言ではないです。

ウォーターサーバーの値段は、業者ごとに大きな差がありますが、多くの消費者の間では、リーズナブルな価格の家庭向けの製品が選ばれる傾向が見られます。